株式会社松永家具

Facebookもチェック

STYLE

MATSUNAGAの流儀

MATSUNAGA FURNITURE

徳川三代将軍家光公が静岡(駿河)に浅間神社を造営した際
全国各地から集められた漆工や大工、指物師、彫刻師など
多くが造営後も静岡(駿河)に定住しました。

明治時代以降、彼らの手により始まった家具造りは鏡台から茶箪笥など
大型な物へと移り変わり、現在の家具産地へと発展しました。

そんな家具造りの地として伝統ある「静岡」に於いて長年培われた技術をベースに
日本の生活スタイルに合う商品開発を進めていきます。

PRODUCT

製品